☆やまちブログ☆(志ろがねの牧だよ!)

ちっちゃな出来事・ビックリ・喜び・
悲しみ・感動…etc
沢山『足跡』残していこう!!

<< お久しぶりです(*^ω^*) | main | 沼小、最後の大運動会! >>
教育の目標?
マイマイ蛾の幼虫がムシケテ(孵化する事)ウヨウヨいるのを見て、首や腕などかなりかぶれながら、それでもキンカン以外はなるべくつかわないようにしています、

 さて、先日は会議が(朝・昼・夜)あり、くたびれてしまいましたが、学校が置かれている状況は決して安心できるものでは無いようです。

 素人的には、人間観や人生観、そして社会観など、若い内に鍛えておかなければと思います。学校としては学力を付けさせることに真剣であって欲しいと思いますが、一方でそうした「人間教育」に力を入れて欲しいとも思います。

 「立派な人間」の深層は、決して学力だけではないからです。”人間力”とか”包容力”のようなものは、学力だけでは決して身に付くものではないとも思うからです。

 コミュニケーション下手な子供たちは、積み重ねがないからだとも思いますし、お手本になる人材が身近にない事が、「尊敬」や「理想」が具体的に描けない原因でもあるようにも思えます。

 貧しい時代には、楽にしてあげたい人々が身近に沢山いたけれども、楽にしてあげたい又は、助けたい人が身近にそうはいない事も原因の一つかなとも思ってしまいます。

 取敢えず、家ではお父さんやお母さん等、家族が生きて来た経験からの”辛さ”や”嬉しさ”のような思いを生徒諸君に忌憚なく語って欲しいと思います。

 それこそが生きた教育で、自分の人生を通して目指すべきものが見えて来るし、頑張りや耐えしのぐ姿を学べるのだと思います。

 今の時代、そう云う意味では子供たちは可愛そうなのかも知れませんね。
少なくても、社会人になるまでに、目標や理想を得て欲しいと切に願います。

 今からの厳しい時代を乗り切るには、一方ならない思いがなければダメだと思います。心の分で親たちも、我が子に厳しく接し、褒めたりすかしたりしながら、大人たちが素直に自分をぶつける事が、次への成長の第一歩のような気がします。応援も思い切って声掛けで対処したいと思います。
| 頑固オヤジ | 生意気オヤジ | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) |









全ての訪問者:
本日の訪問者:
昨日の訪問者:


▲このページの上部へ