☆やまちブログ☆(志ろがねの牧だよ!)

ちっちゃな出来事・ビックリ・喜び・
悲しみ・感動…etc
沢山『足跡』残していこう!!

<< 8月28日のお便りから「太陽のありがたさ」 | main | 「山地酪農の適正頭数と牧山作り」 >>
「講演集会が連続でありました。」
9月21日(木)には、久しぶりの講演集会が盛岡市茶畑にある、
“つながる台所”という、カフェレストランでありました。
ご縁に感謝しつつ、約20名の方々と、楽しく交流しながらの
講演集会になりました。

(つながる台所の会場で)

私は千葉県の市川市出身で、サラリーマン家庭に育ちました。
それが電気もない、お金もない生活を10年以上やって来ました。
(実際は今もない!(笑))
それだけでも物珍しいことですが、良く萎えることなく、
くじけずにやって来られました。でもこれは私の力ではなく、
崖っぷちに立つ度に、ご縁と云いますか誰かしらの助けがあった
ことで、今があることは間違いありません。自分でも運の強い男
だと思います。(笑) 

9月22日(金)は盛岡市の青山町駅前にある“びすとろ銀河”
という居酒屋さんでの勉強講演会ですが、配達帰りの純平が
担当しました。牛乳と野菜について、田野畑村ご出身の女医で
色々な役職をお持ちの、宮田恵先生のご案内で実現しました。
しかしびすとろ銀河の名越シェフご自身が、どういう所か
下見に来られ、歓談されて行きました。
真剣な姿勢を感じると共に、益々のご繁栄を祈らざるにはい
られませんでした。ご縁に感謝です!

(びすとろ銀河で)

連日の講演集会などは、大変珍しいことではありますが、
そうした機会に恵まれること自体、心よりの感謝しかありません。
会を企画し、ご準備下さった方々にも、感謝したいと思います。

その後、パックをデザインして下さった、そして次女の令子が嫁がせて
頂いている、山崎文子様宅にて、ぴょんぴょん舎の邊龍雄(ピョンヨンウン)
さんと久しぶりにお目に掛れる機会を頂きました。光栄に存じました。

(山崎文子さん事務所にて・文子さんと邊さん・そして孫のスイ(翠)と)

ご自分の運命的な事柄を、真摯に受け止めて、発展的に考える、
真面目人間でした。苦しみながらも新しい道を模索しながら、
“食”への道に進む決心をされました。

人一倍盛岡を愛し、宮沢賢治を愛し、盛岡の自然を愛し、歴史ある中国・
朝鮮・日本の文化の融合の役に立ちたいと、情熱を燃やすのでした。

謙虚に真摯に生きるお姿に、心より尊敬申し上げます。
以前にお会いした時の一言「水と空気は商売にしてはならない。」と
お店でお金をかけて美味しい水を提供しながらおっしゃったことが忘れられません。

孫の翠(すい:♀)を抱っこして下さっています。(笑)
人間愛・人類愛に満ちた方だと、確信しました。

次々に良いご縁に恵まれ、ありがたい限りです。人類が争うのではなく、
愛和することこそが人の道。

 私たちに課せられた使命は、平和の素晴らしさを世界中に発信することで、
軍隊を持つ事では決してないと思います。

牛の写真は久しぶりに晴れ、秋の気配の中で、足りなくなった草をカバーするために、
草地畑に補いに、放牧しているところです。
この光景も平和だからこその景色です。
豊かな自然に抱かれて、牛も人も幸せを謳歌して欲しいものです。


やればできると思います。お元気で!
| 頑固オヤジ | 田野畑山地酪農牛乳蝓ゝ板邑雄 | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0) |









全ての訪問者:
本日の訪問者:
昨日の訪問者:


▲このページの上部へ