☆やまちブログ☆(志ろがねの牧だよ!)

ちっちゃな出来事・ビックリ・喜び・
悲しみ・感動…etc
沢山『足跡』残していこう!!

<< 姪夫妻来訪 | main | 久々に近況をアップします。 >>
やっと開始した、旧桑園(隣地)の放牧で
9月23日㊌ 
秋の彼岸にやっと二番刈開始。
お天道様が連続で出るのは久しぶり。何とも嬉しい!!!



刈った草が順調に乾草になって行く。
せがれたちも朝から張り切ってトラクターで動き回る。
有難いことだ。



自分のころはトラクターなど夢のまた夢。
全てが手作業だった。

友達のトラクターの作業は見ないようにした。
観れば馬鹿臭くなるからだ。

人が手作業で草を刈れば、半日刈っても1反歩で精一杯。
今度はフォークで反転するが、手が掛かって大変だから、生草でサイレージに処理。
フォークで2時間も3時間もかかって集草して、また2時間も3時間もかかってトラックに積み込む。
サイロの前で、準備をしておいたカッターと云う草を刻む機械で刻みながらサイロに入れる。
ところが故障ばかりではかどらない。

自分で溶接したり、歯を研いだり。

仕事が順調に行ったことはないと言っても良い。
勝負だと思い、子どもたちを学校を休ませて集草や、サイロへの切込みに
トラックから草を降ろす仕事を手伝わせた。

頑張りたいのに機械は故障。
余りはかどらないうちに一日が終了、何てことはショッチュウだった。
思い出すと辛くなる。

ところが今は、大型のトラクターで、一日にこなした面積は何と7ha。
それもあっちこっちの草地。
昼食抜きで夜中まで頑張ってくれました。

まあ前日に刈ったのだから、二日がかりでしたが、ほとんど乾草に近い状態で、
全て丸めて終わりました。二人掛りとはいえ、大したものです。
私がやっていたころの70倍もやったことになります。凄いですね。

この日、お客様が来られました。



先日来られた柴田さんが、お知り合いの秋田県横手市の
浅舞酒造の社長さんの柿さんをお連れして来られました。
田野畑牛乳のファンと云う、嬉しいことです。

地産にこだわり、使用の酒米を半径5km以内で調達しており、作る人間も地元の方ばかりとか。
米を作り、同じ人が酒も造る。何とも素晴らしく感じます。
その場で開けて呑んでみたかったですが、15時ごろでしたので・・・・?(笑)

「天の戸(あまのと)」神話の「天の岩戸」からの命名だそうで、
酒の名前も「美稲」と書いて「うましね」と読む。
今までに飲んだことがない香りで、神がかっているのか?ありがたい味だった!
こう云うご縁にも感謝だ。元気になれた気がする。

何の道でもこだわりのある人は、違うと思った次第です。


9月25日㊎
牧山の隣地の旧桑園跡地、開拓を開始して数日になりますが、



もうこうなりました。

牛の食欲のお陰で、開拓ができると言っても良いのです。
ススキが茫々で、見通しが悪く、牛がどこにいるのか分からないほどでした。



後は刈り払えばよいのです。
ここはシバも植えてありますし、日が当たれば直ぐに良い草地になります。
草地になって数年間放置しましたが、地主さんのご好意でまた借りられることになったのです。

開拓地ではありませんが、この糞、素晴らしい成牛の草の糞。
比較がないから分かりにくいですが、そっちこっちにあるのです。

嬉しい限りです。
こうして牧山は肥えるのです。(笑)
| 頑固オヤジ | 志ろがねの牧 | 10:59 | comments(5) | trackbacks(0) |
元気そうですね。

手刈りの頃キーちゃんの家に行くとサイロの出口から
奥さんや都ちゃんが草だらけになって出て来たのを思
い出されます、懐かしいですね。

それからトラクターが一台入り他の機材も入って来て
しろがねの牧場に行く度に歓心したのを思い出します。
子供たちも大きくなって、本当に良かったね(●^o^●)

マサヨシ
| Ishida | 2015/09/28 1:53 PM |

紫波町在住です。

紫波で、配達トラック1度みかけたことがあります(*^^*)

なんだか懐かしい気持ちに……
田野畑村出身なので。
中学3年まで田野畑に住んでいました。

都さんの1つ下です(^^)
私は沼袋小ではありませんが、小学校のとき村のバレー大会で都さんとは何度か(^^)

| みみ | 2015/10/20 7:48 PM |

みみ様
そうですか。
何か大変嬉しいですよ。
地元を愛する気持ちが溢れていますね。

紫波ならさほど遠くもありませんから、今度是非遊びにいらして下さいませ。都はいませんが良いですよ。(笑)

どうぞお元気で頑張って下さいませ。
| 吉塚公雄拝 | 2015/10/20 11:21 PM |

浅舞酒造の社長さんの柿さんが、おいでになったそうですね。

 平泉での息子さんの結婚披露宴の時にお持ちしたお酒がそのお酒でした。
 浅舞酒造の杜氏が自筆でラベルを書いてくれたボトルです。
お父さんが一人で、美味しいと飲んでいましたが...(^0^)

 今後ともよろしくお願いいたします。
| 千田 典文 | 2015/10/28 9:33 PM |

千田様
そうでしたか。
美味しい酒をご馳走になったことは良く覚えております。(笑)
色々なご縁に感謝です。

そして、今回姉崎様がご来訪でした。酒好きの柴田さんがご案内下さったのです。
どうぞご来訪くださいませ。(笑)
| 吉塚公雄拝 | 2015/10/28 11:31 PM |










全ての訪問者:
本日の訪問者:
昨日の訪問者:


▲このページの上部へ