☆やまちブログ☆(志ろがねの牧だよ!)

ちっちゃな出来事・ビックリ・喜び・
悲しみ・感動…etc
沢山『足跡』残していこう!!

<< 12月になりましたね。 焦るー! | main | ジビエ(鹿肉)が美味しい! >>
本の紹介と、ジャムの試作試食会のこと
JUGEMテーマ:日記・一般

またまたお久しぶりのアップになりました。済みません。

先週の宮古市山田町配達時に、お世話様になっている、今橋様より、
「良い本だから読んでみて下さい。」と云って貸して頂いた本があります。


”捨て犬・未来 命の約束”と云う本です。これは表紙

裏表紙 岩崎書店 1300円(税抜)です。


子犬の時に、目を切られて、後ろ足を切られた捨て犬が、殺処分される前に
この著者の今西乃子(のりこ)さんが飼うことになり、それから、
犬の未来ちゃんの目線で、ペットの命と家畜の命を見つめたお話でした。

目を切られ、足を切られて捨てられた犬。明日は無い命であった未来ちゃんが
危うい所で救われ、勝手な人間に左右される命って何だ!との疑問から発している。

子どもたちにも大人たちにも是非とも読んで頂きたいですよ。
次に和牛農家を通して、やがて殺されて肉にするために飼う農家の姿を通して、家畜の命と向き合う農家の姿が浮かび上がる。

私は酪農家だからそう思うのかも知れませんが、
農家の現実と真摯な生き方。
私的にはご縁で牛に生まれて来た事の意味。を考えさせられるものになっています。
知らなすぎる農業の現実を踏まえて、素人の目線で、徹底追及しています。

私も酪農家ではありますが、肉の販売もしています。結構人気です。
ですから、良くやってくれたと思います。
内容は乞うご期待です。読んでみてけてー!!



さて、その後(昨日)沼袋の生活改善センターで、産直尾肝要(おかんよう:地名)の勇士メンバーで
農業改良普及員(二名)の方をお招きして、カボチャジャムとニンジンジャムの試作試食会を
行いました。
材料提供は快諾してくれた農家のカボチャとニンジンを使いました。


やる前に、一応心配だから家で作ってみた試作のジャムを試食して頂きました。
そして早速、作業に入りました。
みんな、手順良く手分けしてやって下さいました。


いろいろ迷いながらも練り上げて作りました。
1時間半後に完成? 
レシピの基本通りにやってみました。
こうして、地物野菜が美味しいジャムに変わるのでした。
そして味が・・・美味しいのでした!

ちょっと元気が出ましたよ。
これで販売できるかな?
仲間で四苦八苦して売る所までこぎつけるところにも価値があると思います。


色々な違反をしないで、問題なく販売するための
問題点や注意点など、教えて頂きました。
こうして勉強しながら、皆さんの力で商品の開発も手掛けて行けたらよいと思いました。
| 頑固オヤジ | 志ろがねの牧 | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) |









全ての訪問者:
本日の訪問者:
昨日の訪問者:


▲このページの上部へ