☆やまちブログ☆(志ろがねの牧だよ!)

ちっちゃな出来事・ビックリ・喜び・
悲しみ・感動…etc
沢山『足跡』残していこう!!

<< 8月2日から6日(舘石開拓地-孫達来訪-田野畑中一年生職場体験二日間-研修生岩谷鮎さん来訪等) | main | 8月30日から9月4日まで スローフード杉並の方々再来-枝里さん来訪-サツキの内蔵-舘石開拓地の牛-猫と鶏不思議な絵 >>
8月7日から27日まで一挙ご報告
PCの調子や、色々あって中々アップができませんでした。
本当にスミマセン。やっとで本日アップしました。

8月7日(木)
農大時代の研究室仲間、臾勝覆┐咾福坊が
高橋真二郎君(真二郎黒豚の生産)の案内で
約40年ぶりに再会する事が出来ました。



何とも久しぶりではあったが、直ぐに分かり嬉しかったです。
今は生活クラブ連合会の農畜産課だそうです。
ご同行の仕事のお仲間の加藤様と鈴木様と遠い所お尋ね下さいました。

悪天の中、直ぐに牧山を視察し、同時に熊谷農場も観て頂きました。


(志ろがねの牧 霧の農場になり、近くしか観えませんでした。)

でも、こうして40年ぶりに、同級生に観て貰えるなど、
奇跡的だとしか云いようがありません。

表土をなるべくいじらない、そのままの傾斜地の山を
牧山に使用する山地酪農は、本当に素晴らしいと思うと、説明しました。

その後龍泉洞温泉ホテルで一杯ご馳走になりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9日(土)
熊谷農場に実習中の高校生の岩谷さん
最終場面で二日間、家にも実習に来てくれました。
素直な明るい、お譲さんでした。



孫たちとも直ぐに仲良くして頂いて、感謝でした。
動物が好きと云うことで、実習になりましたが、これもご縁ですね。
若者に支持されにくい畜産の道に進んで頂ければ幸いです。

まあ、各種事情にとらわれることなく、伸び伸びと自由な発想で
ご自分の将来を選んで頂きたいものです。

ペットではない日本の”農”の世界での畜産として、山地酪農がどう映ったのか、
と思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
10日(日)
久慈市の宇部さんが取材にご来訪。


悪天の中、夢中でシャッターを切っておられました。
感謝です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12日(火)
毎週ソフトクリーム機の洗浄をします。
やってみれば一週間の早い事・・・・!驚きです。(笑)

公太郎だけでなく、自分もしなければなりません。
誰かだけしかできない、代わりがいないのは危険だからです。
頑張って覚えましょうな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
13日(水)

令子が二戸に一年間の研修で居た時に、大変お世話様になった、
由香さんご夫妻が訪ねて下さいました。
令子が配達で留守でした。失礼!!しました。
私も外出のことがあり、折角晴れているのに、牧山をご案内できませんでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
午後には、浅野一家が岡山(笠岡)からやっと着いた田野畑村でした。

家が近付くと、懐かしさと思いが実現することとで、涙が・・・・。
と云っていました。車を降りるなり涙をぬぐう都でした。
両親としばらく離れていた仁美と誠も、大変嬉しそうに見えました。


その晩、歓迎会の後、壮太と雄志がこうしてチョッカイを出して楽しんでいます。??



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
16日(土)
千葉県の方々がお見えになりました。


山地酪農のお話しを、熱心にお聞き下さいました。
そして牛乳を買って帰られました。ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
午後、舘石農場へ

霧に包まれる農場も中々良いですが、さっぱり見えません。
たまたま出て来てくれたので、助かりました。
できるだけ刈払うことで、牛たちが食べられるものが増えれば良いと思います。
また、昨年植えたシバが繁殖するのに、日陰にする邪魔草がなくなるように
することもあります。牛を観て安心するのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
17日(日)午後
トーマス神谷さん来訪。(オレンジのツナギの方)
岩手有機農研の仲間が、紹介してくれた方で、
カナダ人と云うので「日本語ができるのかな?」と心配しました。
でも会ってみると沖縄出身の日本人でした。


カナダに帰化して国籍を取っているので、カナダ人です。
でも、日本語よりは英語の方が上手のご様子でした。(笑)

同時に北上市に支援で来られている、登内さんが高橋さんと再来されました。
お天気が悪いのでためらいましたが、やはり牧山をご案内しました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
19日(火)
産直プラザ尾肝要で、改良普及所の雑誌の取材をお受けしました。
遠い所からカメラマンさんも来て下さり、驚きました。


わざわざの取材ではありますすが、皆さんにもご協力して頂き
売上アップに寄与できればと思っています。
ご協力くださった方々、本当にありがとうございます。
また、宮古普及所の加藤藍さんには、大変お世話様になりました。

産直はただの産直ですが、されど産直。
やり方によっては地域興しができると思っています。(やはり馬鹿?)

皆さんの顔がはじける笑顔になる日が来ますように。ナンチャッテ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同じ日その後には、早稲田大学の名誉教授の先生方お二人が、村長直々の
ご案内でお見えになりました。


時間が無くてお話しが充分には出来ませんでしたが、ご勘弁ください。
坂田先生・長田先生大変失礼いたしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


19日(火)
名古屋の佐藤久美子さん来訪。

(一番左で康希を抱っこして下さっている久美子さん)

それもご縁で、田野畑 恵先生(村にたのはた姓の方が数名おられます。)
に送られてのご来訪でした。
ビックリして何のご縁ですか?
そしたら雑誌「ゆうゆう」と云うのに恵先生が載ったのがきっかけなのでした。
同じ東日本大震災の特集で、恵先生が出て、次に出ておられる気仙沼の
菅原文子さんの記事。

佐藤久美子さんが大震災以降、沿岸の各地を支援活動しており、
気仙沼で菅原さんと出会い、感銘を受けて酒屋さんだったので酒を買ったり、
本も出しておいでなので、本も買ったり。
そこで「ゆうゆう」の話になり、田野畑村に行くならと、田野畑恵先生をご紹介下さったとか。
本当にご縁ですね。
三鉄の田野畑駅で降りた時、たまたま恵先生と出会ったそうです。
そして「吉塚さんに行くなら、私が送るわよ。」と云うことになったのだそうです。

ありがたい限りです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

晩にはトーマスさんお別れ会
翌日から予定が一杯で、泊れるスペースが無いことから、最終日になったのです。


大変助かりました。
刈払機のような小さな機械から、トラクターやバックホーのような大きな機械まで
手入れの仕方や、油の選定法など、色々教えてくれたのでした。

カナダではタイヤの大きさが背丈よりも大きいようなダンプや林業機械を手入れしており、
PCでの写真を驚きながら拝見しました。
正にプロフェッショナルな方でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

20日(水)7:16 
牛舎の最中でしたが
トーマスさん「さようなら。」
記念に車に山地酪農牛乳のパックを付けて宣伝してくれるのだそうです。
ありがたきかな! 感謝です。



7:41
早稲田大学、早田先生の”たのはた未来プロジェクト”班が、夜行バスで到着。
41人と思っていましたが、今回は28人だそうです。
まずは農場のご案内


山地酪農のお話しを熱心にお聞き下さいました。
牛乳を試飲して頂き、プログラムに沿って出掛けて行きました。

田野畑中学校との協働で、村の未来に役立つような本にする取材をして、
出版するのだそうです。スゴイね。我が壮太もメンバーになっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

午後には駿河台大学の学生さんの農山村体験と云うことで、二名の宿泊研修です。

21日朝
朝の牧山に牛を追って朝食を食べて終了。


霧の牧山へ牛を追いました。
食べ物も好き嫌いもなく、何でも「美味しい!サイコーッす!」て、食べてくれました。
良い思い出になって欲しいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

22日(金)
午後、中学校下北地区駅伝大会がありました。
壮太2年も走ると云うので、応援に行って来ました。
(こうして応援に行けるのも純平くらいからで、それまでは
何があっても行ってあげられなかったことも思い出します。)



こうして走っている壮太、何とか抜けるかと思いましたが
最期まで2位でした。県大会には行けませんでしたが、
みんな精一杯でしたので満足したモノと思います。
その後壮太が校長先生に泣きながら詫びたとか。良いね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

23日(土)
9:00頃から早稲田大学の農山村体験学習組が見えました。


本当は10名宿泊希望でしたが、こちらが無理なので、無理やり5名にして貰いました。
(本当は5名も無理なのでしたが)
刈払い作業をしました。兎に角、刈払い作業が山地酪農の基本ですから、これで良いのです。
毎日毎日が刈払いとシバ植えで、開拓するのです。

ついでにお話ししておきますが、未来プロジェクトとは別のグループです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
24日(日)  15:02
旧日の出町平井中の職員の方々が来訪になりました。



髭の鈴木先生を中心に、大震災以降は大変お世話様になりました。
先生方、卒業生の方々のご協力には本当に感謝しかありません。

牧山を視察して頂きました。
好天に恵まれ、素晴らしい視察になりました。
案内してくれた廣内さんにも、心より感謝です。
晩には廣内邸で一杯、ゴチになりました。これもいつもながら済みません。
11月の産業祭にまた、お世話になる予定になりました。

皆さん本当にありがとうございます。
今までのご縁を簡単に終わらせてはならないと思います。
何とか続けて良い関係を育てたいものです。

山地酪農牛乳ソフトクリームが国道45号線の産直プラザ尾肝要で食べられることを
言ってご案内しました。
記念にできたての旗を持て、と云うことになり、記念写真を撮って頂きました。
三好先生、谷田貝先生、竹村先生、お子さん達本当にありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
25日(月)
やっと草の収穫ができるようになりました。

でも、甲地の草地だけで、今だに2番草が終わっていません。
どうにもなりませんね。お天気には勝てません・・・・!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
26日(火)
11才(牛は数えですから12才)のサツキ出荷


27日出荷にむけて、牛を洗浄しました。
ちょっと思い入れがある牛で、大変残念ですが仕方がありません。
近々肉になって帰って来ます。サツキごめん!!!!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
26日(火)午後
実に久しぶりで姉の柚木夫婦(埼玉県川口市)が来訪しました。
すぐ上の姉で、常に頭ごなしに叱られていた私(キーボー)でした。(笑)


赤ちゃんの康希を姉に抱っこして貰って。
久しぶりの再会に、家中の人が大喜びでした。

夕方には八戸プラザホテルへ
社長さんが姉達夫婦が若いころの広告会社の仕事仲間で、
特別懐かしく再会を果たしたと云う訳です。


そこに私達夫婦がいるのも不思議ですが、昨年8月に
ホテルの企画で”ふるさとの食を楽しむ会”に特別ご招待頂き、
そのご縁で今回の旅行となったと云う訳です。
すっかり夫婦でご馳走様になって参りました。
申し訳ない限りです。

翌27日(水)
朝から社長さんご夫妻のご案内で、
陸奥湊の朝市(八食センターなど他の市場が休みの為)を拝見させて頂きました。
何とも昔からの雰囲気を感じられる、町の市場で
お客はご飯も魚介類のおかずも市場内で、全てが整う満足の行く
朝食場にもなっています。次回は是非とも食事したいと思いました。

そして蕪島と復興国立公園の美しい種差海岸をご案内頂きました。
くり毛崎展望台からの眺めも素晴らしいものがありました。
急にお天気が晴れて素晴らしい緑のシバ園を味わいました。


感謝感謝でお別れして、柚木夫妻とも別れて、帰途に付きました。
やっとここまでアップができましたが、PCの調子も人間の調子も・・・・?
だましだましやっと書き込みました。次回がいつになりますか??
| 頑固オヤジ | 志ろがねの牧 | 13:27 | comments(5) | trackbacks(0) |
柚木夫婦(埼玉県川口市)この方、川口市の何々町でしょう私は川口市北園町35-1ですが、町会名簿に柚木という方がいるのでちょっと興味があり、差し控えなかったら聞いてみたいな・・・と思いまして。
| 中村志会之助 | 2014/09/08 8:27 PM |

中村志会之助様
いつも大変ありがとうございます。
柚木夫妻が住んでいる所は、川口市小谷場と云うところです。

川口市の端っこの方だそうですよ。
松戸市に姉がいて、船橋市に弟がいます。
本家の市川市には両親と兄夫婦が住んでいます。

もともと何も縁のない田野畑村でしたが、
今では大切な大切な地元になりました。
どうぞ今後とも宜しくお願い致します。
| 吉塚公雄拝 | 2014/09/09 11:24 AM |

なんとなく見たことのあるようなお顔でしたので、距離で2舛らい離れてます、畠山隆雄君はいま田野畑に行ってますのでお会いする機会があったら川口市小谷場と聞いてみて下さい(知ってますよ)と言ってくれると思います、吉塚さんの市川時代何年頃だったのでしょう、私は市川市は実に懐かしい思い出があるので、お会いできたときにいろいろ昔話がしたいと思ってます、ではそんなおもいでおります、こちらこそ今後よろしくお願いいたします。  中村志会之助
| 中村志会之助 | 2014/09/09 4:04 PM |

2014/09/09 4:04 のコメントに
【管理者の承認待ちコメントです】と出てますが、ご都合が悪いようでしたら、削除して頂いても結構ですが、さしつかえなければ、承認頂けませんでしょうか、書き込み原稿に不備があったのでしょうか?
| 中村志会之助 | 2014/09/12 9:07 AM |

中村志会之助様
いえいえ、大変失礼いたしました。
私のPCが死にかけているのと(これは娘のPCから書いています。)なかなかPCを覗いていられない、怠け者の為に、お書き込みのチェックが遅れているだけです。ご勘弁下さい。

facebookの方はまして、チェックが出来ておりません。ごめんなさい。

畠山隆雄様には、ぜひともお声掛け頂きたいものです。
中村様もご帰村の際には、是非お声掛け下さいね。
色々お話をお聞きしたいと思っております。どうぞ宜しく願い致します。 

市川市市川ですが、昭和49年の春までおりました。22歳で田野畑村に移り住みましたので、それ以降は余り分かりません。(笑)

移り変わりの激しい都会が、何とも寂しい限りですね。今では懐かしい故郷を感じるのは、実家の門の前に立つときです。
通りのカーブも変わっていませんが、全てが変わってしまいました。

その点故郷田野畑村は、今でも昔懐かしい山々があり、川があり、海があります。変わらないのが田舎らしさで、素晴らしい事だと思います。
| 吉塚公雄拝 | 2014/09/12 9:56 AM |










全ての訪問者:
本日の訪問者:
昨日の訪問者:


▲このページの上部へ