☆やまちブログ☆(志ろがねの牧だよ!)

ちっちゃな出来事・ビックリ・喜び・
悲しみ・感動…etc
沢山『足跡』残していこう!!

<< ブログのアーカイブで色々以前の記事をご覧ください。 | main | 希望の道へ(4/7のお便りから) >>
孫が来た!(ジー馬鹿編)
6日に雄志が帰って来て、若い者が一人いるのは大変なことだと思った。



早速公太郎と雄志で運び残していた、ロール(餌の草)運搬をした。
トラクターでダンプからつまみ下ろすのが、危なっかしい感じでしたが
何とか慣れるしかないのです。(笑) 「事故なくやってくれ!」と思う。

9日水曜日は私は宮古市方面配達に行った。
途中6日に全線開通した三鉄で、田老駅に向かう車両を見た。
何だか嬉しくて、シャッターを切った。(運転中に?)



田老駅に入るところ。
本当は車両の左下には観光会館があったのだが、流されて今は無い。

10日の光景
鶏が雪が融けた後に遊び歩く姿が何とも嬉しく感じる。



うっすらと緑が感じられるようになると、緑もついばむ。
(奥の白いのはウコッケイ)
行動半径がやたらと広くなる。しかし何かにやられて羽数が減る??
これも自然の摂理だ。警戒して遊びなさいと言いたい。(笑)

先日、出産して立てなくなってしまった初産牛
公太郎の努力で、立てるようになった。(地面に直接の方が牛には良い)

オスの赤ちゃんは飲むのが下手くそで、仕方なく人間が哺乳しているようだ。



でもまあ、巨体のものですから、立てないと大変な事なのです。
腹の下が、汚れて汚くなっています。(仕方ナカンべサ!)
機械運搬用の帯を腹の下に二枚使って、ユンボで足がつく程度に持ち上げて、
30分程度で足のしびれをとり、静かに下ろす。

この繰り返しで、立てるようになった由。
まあ、良かったのです。

12日夕方には、待望の赤ちゃんが帰って来ました。
吉塚康希(こうき)です。ヨロチク!



恥ずかしいけどジーのバカ面を公開します。
何をしても可愛いと思ってしまう、ジー馬鹿ぶりです。(笑)

お風呂に入れる場面ですが、今はこう云う風に入れるのですね??
たまげたー!



でも、康希は慣れた様子で、声を出して喜んでいます。
おもしれー!と思いました。

目が糸のように細くない所が、吉野家だと思いました。
サオちゃんのお兄ちゃんにそっくりです。

赤ちゃんは時間と共に、顔や形が変化して、母親に似たり父親に似たりします。
そこが又大変面白いところですね。
兎に角「可愛い」の一言です。

授けて下さった神仏に感謝ですね。   ドントハレ!!!と。(笑)

| 頑固オヤジ | 親バカ日誌 | 19:04 | comments(4) | trackbacks(0) |
元気ですね。

三人北海道に移住して、三人戻ってキーちゃん家は何時も大勢の笑顔でいっぱいで楽しそうですね。

当方大分痩せましたが、体力は回復しました。

お互いにまだまだ頑張りましょう。(●^o^●)
| Ishida | 2014/04/14 9:59 AM |

ishida様
いつも本当にありがとうございます。
常に大勢だから、5人くらいで食事になると、随分少なくなった気がするよ(笑)

食事の挨拶の時に、壮太に一人っ子だとこんな感じだね。
「そうなんだね。」みたいな会話になったりしますよ。

多いと挨拶して始めていない人が誰だかわかる、と云うこともありました。(笑)
もう一つは食費が尋常ではありませんよ。(笑)
| 吉塚公雄拝 | 2014/04/14 10:53 AM |

本当に康希くん、かわいいねぇ〜
目が大きくてよかったねぇ〜

じいさんは、なめないようにしてください。
| miyako | 2014/04/14 1:20 PM |

ミヤコへ
なめないように我慢します。
健生の時に「チュッチュは口と口は虫歯が移るからいけません!」って、教えられました。

康希も順調で有難いですよ。

仁美が大変お姉さんになったね。それこそチュッチュ何てできないや!(笑)

誠が、宜さんの子ども時代を彷彿とさせてくれるね。

健も子どもらしく育っていて、良い母親をやっているね。感心感心です。     田野畑のジーより
| オジーチャン拝 | 2014/04/14 4:42 PM |










全ての訪問者:
本日の訪問者:
昨日の訪問者:


▲このページの上部へ