☆やまちブログ☆(志ろがねの牧だよ!)

ちっちゃな出来事・ビックリ・喜び・
悲しみ・感動…etc
沢山『足跡』残していこう!!

<< 田野畑中学校の卒業式がありました。 | main | 今日までの出来事? >>
田野畑山地酪農ビーフジャーキーができました。
皆様のご要望がありましたが、なかなか作ることができないでいた
ビーフジャーキーがやっとできました。(HPトップ参照)


 (30g 一枚380円です。)

これには訳がありますが、
取敢えずやっと製品ができたことに感謝しております。
作って下さった「モーとんふぁみりー」さん、ありがとうございます。
次回もどうぞ宜しくお願いします。

この原料肉はここ、志ろがねの牧 のメス牛で10才になる、
オットーと云うホルスタイン雑種牛です。(登録していない)

シチロウ君の肉ではありませんが、彼の直前につぶしました。
メスとしてはまだ若いのです。
(日本の平均では5〜6才くらいです。)

メスは若くてもおっぱいがダメになればアウトになります。
これはどんな元気でもアウトです。どんなに沢山牛乳を出しても
ダメな乳では出荷ができません。そうなれば飼えないと云うことです。

でも、昨年の9〜10月につぶす申し込みをしましたが、岩畜の屠場が
開いていなくて、順番待ち状態になっていました。

順番待ちができなくて、安楽死を選ぶ農家も出て来ていました。
だってこれだって仕方が無いと思います。
出せない乳を搾りつつ、大きな腹に毎日食わせなければならないのですから、
顔を見るたびに情けなかったと思います。

まさか5か月も6カ月も待たされるとは夢々思ってはいませんので、
いつまで待っても順番が来ないことにイライラを募らせるしかなかったのです。

農協に聞いても岩畜に聞いても、らちが明きませんでした。

それにしても久しぶりのビーフジャーキーが本当に美味しく感じます。
これはモモ肉しかジャーキーにならないと云うことで、
内モモ・外モモ・ランイチ・シンタマ等の部分だけが限定で作られます。

どうしてかと云えば、モモ肉でないと噛み切れないのだそうです。
以前には、勿体ないのでバラ肉などでもジャーキーを作って貰いましたが、
やはりかなり堅かったです。そこで城跡通り、モモ肉で作って頂いております。

添加物は、化学的な調味料や着色料や保存料等は一切使っておりません。
安心して味をお楽しみ頂ければ幸いです。
(放射能は全頭検査ですから、ご安心下さい。)
| 頑固オヤジ | 田野畑山地酪農牛乳蝓ゝ板邑雄 | 15:24 | comments(0) | trackbacks(0) |









全ての訪問者:
本日の訪問者:
昨日の訪問者:


▲このページの上部へ