☆やまちブログ☆(志ろがねの牧だよ!)

ちっちゃな出来事・ビックリ・喜び・
悲しみ・感動…etc
沢山『足跡』残していこう!!

<< 友人から本が来た。 | main | 壮太と母ちゃんで薪運び(ブランカ家の修復?) >>
久慈市の平山(たいやま)小学校に行って来ました。
朝の気温−7℃、湿度72%
久しぶりに寒い感じがしました。

今回は見えますね。段々に写真も上手になって来ます。(笑)

午後から久慈市立平山(たいやま)小学校に行って来ました。
久慈市は毎週土曜日に配達していますので、営業を兼ねています。
お話しの前に、校長先生に許可を頂いて、営業もさせて頂きました。済みません。

少子化の現在、お子さんの数も2〜3人に減って来ています。


統合や閉校は、どうして起きるかと云えば、子どもの数が減るからの一言に尽きます。


岩手県内は結構統合での閉校も進んでいると思いますが、岩泉町のように町が大きくて範囲が広くて、大変なところもあると思います。が、大体は子どもの数の減少から、閉校せざるを得なくなって来ているのでしょう。

今はお父さんもお母さんも、冷静でシッカリしていますから、今の収入では家族は5人まで。とか、色々計算しているところもあるように思います。

でもね、子を授かるのに「計算」ではなくやって欲しいなと思います。
家計が良くなり、じゃ欲しいと思っても、今度はそうはいかなくなってしまいます。
そのように、子どもは「作るもの」と思っておいでの方が多いと思います。先生でも結構平気で「作る・作った」と云う方がおいでになります。

でもよく考えて下さい。粘土細工じゃあるまいし、作れるものでしょうか?
仮に作ったとして、自分が作るから、信用ができない、トゥヘンボクになるのです。
いい加減な自分をよく知っていますから、そんな自分が作るからです。

でも同じ人間が生んでも、「神仏から授かった」と思えるとしたら、これは全然別です。
トゥヘンボクの自分が産んでも、神仏から授かったのですから、無条件に信じられます。

だから「授かった」と思える方が良いと思うのです。
将来、独り立ちして旅立つまでの間、神仏からお預かりして、お育てさせて頂くのです。
でも、自分に授かったのですから、自分が精一杯やればそれで良いのです。
人様と比較してうらやむ必要はないし、そんな自分たちを知って神仏はこの子を授けてくれているのです。

色々な壁が次々にのしかかって来ますが、それを通して「人になれ!」と云う神仏のメッセージだと思うのです。
だから壁は常に皆違い、自分の壁になるのだと思います。

「生きる」ことを選ぶ訳に行きませんから、どうして今の時代で、岩手県なのか、久慈市なのか、田野畑村なのか。
どうしてあの両親のもとに生まれたのか。どうして、こう云うご縁でこうして関わっているのか?などなど、考えても到底分りませんが、それぞれが持っている個性や条件の違いで、それぞれが豊かな人間社会を目指しなさいと云う
神仏のメッセージだと思うのです。そう思えば大変面白いと思います。

実際には閉そく感の世の中で、夢も希望も持ちにくい世の中になって来ていますが、同じ時代を生きるのに、希望なくして明るく生きられましょうか?

夢や希望を抱くのに、お金は要りません。お金が掛るのなら小生は明るい人生は歩めなくなってしまいます。

柴田トヨさんではありませんが、


くじけないで

ねえ 不幸だなんて
溜息をつかないで

陽射しやそよ風は
えこひいきしない

夢は
平等に見られるのよ

私 辛いことが
あったけれど
生きていてよかった

あなたもくじけずに




夢は自分が見れば良いのです。
希望は自分が持てば良いのです。
なんチャッテ。調子に乗りました。

家のストーブにはバケットが二つあがります。


左側は牛舎の搾乳機洗浄用の湯を沸かしています。
右側は哺乳用の牛乳を計って載せているのです。

普段は出しとり鍋とヤカンが載っているのです。

お陰で常に湯が湧いています。暖かーいです。
| 頑固オヤジ | 田野畑山地酪農牛乳蝓ゝ板邑雄 | 19:25 | comments(2) | trackbacks(0) |
少子化は国の存続に直結する大問題です。
その前の晩婚化・未婚化、そして雇用、教育・進学・・・
少子化問題は、生まれた子が成長し親になるまでの様々な
社会問題そのものですね。
| heidi | 2013/02/04 2:06 AM |

heidi様
いつも本当にありがとうございます。
その通りと思っています。
国はもっと本気で、少子化対策を取らねばならないと思います。単に地域の問題ではないと思います。

後のご指摘も全くその通りだと思います。
そしてどの問題も共通しているのが、経済効率一辺倒志向の意識です。
関係ないように見えて深く関係していると思います。
体罰の問題・部活に対する考え方など、学校の在り方が子ども向きではなくて、学校の名誉(受け入れ数増加)につながること、経営的にその方が有利(損か得かの判断)になります。

社会も人様の見かたで、知らない内に犯されているような気がします。お金が無い人はダメ。お金がある人は偉い人的な感覚があると思います。

大変ストレスを感じます。
| 吉塚公雄拝 | 2013/02/04 7:21 AM |










全ての訪問者:
本日の訪問者:
昨日の訪問者:


▲このページの上部へ