☆やまちブログ☆(志ろがねの牧だよ!)

ちっちゃな出来事・ビックリ・喜び・
悲しみ・感動…etc
沢山『足跡』残していこう!!

<< 久しぶりに兄弟たちが来訪 | main | 恭次危うし オス牛シチロウ >>
恭次と春菜、結びの宴
去る10日の日に甲地(かっち)公民館に置いて、またもや今度は弟の恭次と春菜ちゃんとの結婚披露宴が行われました。「結びの宴」として、親戚を中心に沢山の方がたにお集まり頂きました。
万障お繰り合わせの上、ご出席下さいました皆様には、心より厚くお礼を申し上げたく存じます。


悪天の中、アトラクションで甲地鹿踊りを踊って下さいました。(本当は雨ではやらないのですが、保存会の皆様のご好意で、無理やり踊ってっ下さいました。)でも、今観なければ遠くの方々はなかなか観られないと思いますので、本当に良かったと思います。「素晴らしい郷土芸能ここにあり」と云う踊りでした。


公太郎の時もそうでしたが、手作り結婚披露宴です。
何から何まで温かさが込められておりました。皆々様方に感謝です!

ご祝儀弁当と、マツタケご飯に、マツタケの吸い物、お煮しめにキムチなど
吸いものやお煮しめのお豆腐もみんな手作りでした。野菜も畑から、大根ニンジン昆布等など美味しくできていました。感謝感激です。

お祝辞をテレビ岩手の遠藤様と倫理研究所名誉研究員の水上先生から頂きました。
お二人とも長年のお付き合いから、家族全部を観察されており、どうもお恥ずかしい限りでしたが、
温かさが会場中に満ち溢れました。

乾杯を地主さん(オヤジの友人でもありますが、)から頂いたり、知っているだけに迷って迷って決心したようで、「だまされた」と云って笑ってくれましたが、本当に温かく、有難くやって頂きました。
スピーチも沢山ありました。

電報も読んで頂きました。

そしてお色直しでしたが、観て下さい、普通と違います。
つなぎで出て来ました。これも良いね。

背中と胸に「田野畑山地酪農牛乳」の文字。嬉しいです。

席についてケーキカットですが、これも兄嫁の実家からの手作りプレゼントになりました。

二人の名前が入っていました。素晴らしいケーキも有難かったです。

そしてこれも普通はありませんが、沢山の兄弟たちからのメッセージ。涙を呼びました。

弟や妹たちから温かいメッセージが・・・。良かったです。

そして両家代表挨拶には、京都のご両親様からやって頂きました。

お二人ともお話が大変お上手でした。マイッたマイった。!(涙)


無事に二次会も終わり、家に戻りましたが、どうも興奮冷めやらずでした。
一杯飲んで、知らない内に寝ていました。(ありゃりゃ!)


朝は早くから、楠本家の大移動が始まります。
スローフード岩手の10周年の記念に、ロレオールさんでの昼食会だそうで、恭次と春菜ちゃんもご招待を頂きました。
大移動前に記念写真を撮りました。


これはまたとない写真になりました。
おばあ様がおられないので、中で一枚頂きました。

皆さんで、また来て頂けるかな?
楽しい時間がたちまち過ぎて行ってしまいました。

ロレオールに行くついでと云っては何ですが、平泉の吉野屋さんにも寄って下さると云うことで、
好縁になって、有難く思います。

丁度小織ちゃんも、しばらく里帰りしていなかったので、ご両親と一緒に帰っていたところです。
写真がありました。

 (この吉野屋さんが兄嫁の小織ちゃんのご実家で、お父さんお兄さんが先ほどのウェディングケーキを作って下さったのです。東北線の平泉の駅前にあります。)

そうしたらたまたま帰りがけに寄った鎌ヶ谷の親戚も、一緒になりました。
たまげました。


皆さん平泉の中尊寺を拝観されて帰られたようです。
ドントハレ!! かなりの親バカでした。ご勘弁!
| 頑固オヤジ | 親バカ日誌 | 11:14 | comments(3) | trackbacks(0) |
 ガンコおやじさんによる恭次くんと春菜さんの「結びの宴」のレポートに、私はもう「げにまっこと、たまーるか!」(なぜか思わず、土佐弁が飛び出してしまいました。<ほんとうに、耐えられないほど感激したゼヨ!>の意)という状態です。公太郎くんと小織さんのご祝言のときと同様に、みなさんが手づくりでつくりあげられ、ご家族・ご親族はもとより集落の老若男女の方々が集い・歓び、最高の盛り上がりですね。 
 牛とともに歩み続けてこられたガンコおやじさんとカカさま、子どもさんたちのこれまでの汗と努力のすべてが凝縮し、その結晶が集われた皆さんの前にみごとに出現した、文字どおり夢のようなステージですね。「『志ろがねの牧』と山地酪農の将来は明るいぞ!」と、皆さんお一人おひとりが確信されたことと思います。
 私もモサゲネドモ、吉塚家・楠本家・吉野家にあやかれるよう、勝手に仮設住宅の方で乾杯させていただき申して、盛り上がってみっからなす。

「恭次くんと春菜さん、重ねておめでとう! 志ろがねの牧の皆さん、ほにホニよがったなす!」
 
 では、まんずハー、どんどはれ!
| 今橋 | 2012/11/12 8:11 PM |

笑いと感動で一杯の素敵な結婚式に出席させてもらい、幸せな気持ちを沢山もらって帰りました。
恭次くんの熱い涙に、第2牧場の夢が簡単ではないこと、おじさんと同じようにずっとぶれない心でやっていく決意のまっすぐさをつよーく感じました。とても見習うなんてことできませんが、岩手に行くと大自然の中のちっぽけな自分をちゃんと感じることができ、明日からまた全てを受け入れて進もうと思います。
さおちゃんのおうちに、急にお邪魔させてもらいましたが、素晴らしいタイミングで皆さんに再開でき、さおちゃんのお父さんお母さん、大根こんのお兄さんにもとてもあたたくしていただいて、とっても嬉しかったです。
来年、また吉塚家のみなさんと、さおちゃん、春菜さんに会えるのが楽しみです。
ありがとうございました。
おばさんに瓜二つでよかったです。


| 登志子おばさんと瓜二つ | 2012/11/12 9:17 PM |

今橋様
さすがですね。土佐弁と田野畑弁と使い分けられるのですから大したものです。小生なんか標準語に田野畑弁が入り混じって地元では変な言葉になっていますよ。

でも堂々と使っています。
さて、地元の皆様に本当に良くして頂いて、感謝感激です。
幸せって、こう云うことなんだろうと思います。心の底から豊かな気持ちになりました。心に湧いてくるのは、感謝しかありません。

こういう形で人間関係の広がりができれば、幸せな地域になるのだと思います。そうなりたい、そうしたいと願います。
席の都合でお呼び出来なくて申し訳ありませんでした。

今度は家で一杯やりましょう。本当にありがとうございます。


母ちゃんと瓜二つ紀ちゃんへ
本当にありがとう!!皆さんのお陰さまで素晴らしい宴になりました。感謝です。

紀ちゃんや興達君達にもこんなにして頂いて、嬉しくて嬉しくて、お礼の使用がありません。

大人数で来て頂いて、帰りには吉野屋さんにも寄って下さり、感謝感謝です。

吉野屋さんも喜んで下さっていましたよ。ありがとうございます。

なっちゃんを連れて、皆さんでまた来て下さいね。待ってマース!!どうぞお元気でね。
書き込みもありがとう。
| 吉塚公雄拝 | 2012/11/12 11:57 PM |










全ての訪問者:
本日の訪問者:
昨日の訪問者:


▲このページの上部へ