☆やまちブログ☆(志ろがねの牧だよ!)

ちっちゃな出来事・ビックリ・喜び・
悲しみ・感動…etc
沢山『足跡』残していこう!!

<< 第一歩!! | main | 「銀河プラザに出発だ!」 >>
「将来構想」にワクワクして来るのです。
ヒゲの鈴木先生
ありがとうございます。

そうですね、子どもたちがこの職場に、年中無休と無給で休みもないし、金にもならないのに、帰って来てくれることは本当にありがたいと思っています。

でも気を付けないと、コケれば全部がダメになってしまいますよね。
小生は家族だけでなく、村の若者たちやお年寄りも、帰って来たい村、住んでいたい村にならなければいけない、と思うのです。

訪問者が住みたくなる村。これは天才・二宮尊徳も志した理想の村の姿です。そして次々と実現しました。本当に大したものです。

小生は尊徳のような天才ではありませんので、自分の得意分野(山地酪農)で是非とも頑張りたいと思っています。田野畑村の山々が、牧山となって牛や羊が沢山放牧されていて、来た人たちが乗馬や馬車で楽しめる。(実質は観光にもなる)

農家や漁家が生き生きと暮らせるところは、素晴らしいに決まっています。そこはそのまま観光にもなる、と云うことです。

美しい自然に身を置き、素晴らしい農法で山も林産と畜産で生き生きとして来る。何よりもここに住んでいる人間が、ここの生活を楽しく営んでいる。

恩師の猶原博士が夢に抱いた理想郷は、「ひと山を牛に預けて昼寝かな」と云うのんきな農村風景です。そして尽きることなく日々美味しい牛乳が山から生まれて来るのです。


  (開拓も一歩ずつ、入口が出来て来ました。)

みんながニコニコ生活して、動物も植物も元気に生きられる場所。
これが小生の理想とする山地酪農なのです。こう云うことは考えているだけで、心豊かになり、幸せになります。

現実をみる時、余りにも道は遠いけど、自分に許される限り、本当に頑張りたいと思います。心配などしている暇は無いのです。
| 頑固オヤジ | アホダラ教 | 07:19 | comments(2) | - |
まさしく!!!
農家や漁家が生き生きと暮らせるところは、素晴らしいに決まっています。
美しい自然に身を置き、素晴らしい農法で山も林産と畜産で生き生きとして来る。何よりもここに住んでいる人間が、ここの生活を楽しく営んでいる。

吉塚家を見ていると、その夢は叶っているのではないでしょうか?
そこにほれちゃいます。
我々が、「田野畑病」に長年かかっているのも、村の方々のその魅力ウィルスに心が完全に占有されてしまっているためです。
| すずきひとし | 2011/07/22 12:56 PM |

鈴木先生
本当にありがとうございます。
人が真似したくなるような生き方が出来れば、山地酪農の普及はしやすいのではないかな?

ですから、地域興しは国興しです。
これが普及することは、地域が「豊かさ」に向かうことです。

反原発と反放射能で、ゆっくりでも遅くても良いので、安全な道を歩みたいものです。後ついでに、反戦も掲げて置きます。

笑顔を奪うものはみんな敵です。
| 頑固オヤジ | 2011/07/22 5:08 PM |










全ての訪問者:
本日の訪問者:
昨日の訪問者:


▲このページの上部へ