☆やまちブログ☆(志ろがねの牧だよ!)

ちっちゃな出来事・ビックリ・喜び・
悲しみ・感動…etc
沢山『足跡』残していこう!!

<< 山地酪農で創造生産 | main | 採草地から西山を望む >>
ヤマナシの実を食う牛たち

     木の葉のように見えるのがヤマナシ

牧山の中にある、一本立ちのヤマナシの木。
結構ネンキの入った木です。

何年か前には、テレビ岩手の取材の終わりに公太郎と恭次がサービスで、木昇り競争をやって見せるつもりで、昇り始めました。公太郎が昇り、恭次が昇り、そして純平が・・・?その時、突然「ハチだ!ハチだ!スズメバチだ!」と云う公太郎の声と云うより、悲鳴がしました。

次の瞬間、逃げた純平の場所に、二人ともドタドタと落ちて来ました。
後で聞けば、両手で頭に付いたハチを払ったので、落ちてしまったのだそうでした。これがスクープ映像となり、何度も全国に流れたのでした。

又先日は(一昨年かな)、大量のマイマイ蛾の発生で山じゅうの木の葉が食われてしまいました。春の新緑も食ってしまい、食われた後に出て来た、二番生えの木の葉まで食われてしまったものですから、随分と枯れてしまいました。

特に、一本立ちの木々は集中攻撃されたのか、枯れる確率が高かったような気がしています。
夏の三番生えの葉が食われ、決定的なダメージとなりました。結果的には全部ではありませんでしたが、全部枯れるかと思いました。(残った木の方が多くて安心しました。)

次の年(昨年?)新緑の時期に、何とか少なかったけれど芽を出してくれた栗やクルミに、思わず「生きててくれたか!」と声をかけたほどです。
実が大きかったので、残した栗の木は枯れてしまいました。未だにそっちこっちに枯れた栗やクルミ、また雑木が葉がないので目立って見えています。

そんな中に一本立ちしている、ヤマナシの木もありました。
昨春は葉が出ても花が咲きませんでしたので、どうなるかと・・・?


   根元に落ちている沢山の実

そうしたら、今春は見事に花が咲いたのでした。しかし、生きてくれることだけを願っていましたから、実のことは何も考えていませんでした。イヤー!こんなに実を沢山付けてくれるなんて。本当に嬉しかった。

牛たちも落ちてくると拾って食べています。
何とも日常の光景に感動するオヤジでした。
| 頑固オヤジ | 頑固バカ親父 | 07:01 | comments(3) | - |
こんばんは
すごい生命力ですね〜!!
実を残そうとしているんですね〜 o(^-^)o

それと、土壌もよいからなんでしょうねっ。

日記に、元気をいただけて感謝です o(^-^)o
紅葉をみながらドライブに行きたくなりました〜♪
| ゆうこ | 2010/10/28 7:59 PM |

お久しぶりです。まきこです!
pcのハードディスクが壊れて取替えてもらい、ようやく今日から使えるようになりました!復活その日に憧れのヤマナシの記事に出会えて嬉しいです!

丸坊主になっても、蛾にやられても、大風になぎ倒されても時期になると小さい芽が出ていたり実がなっていると
「何事のおはしますをば知らねども かたじけなさに涙こぼるる」という西行のうたがよぎります・・・。
 この一本のヤマナシの大木の種をすみませんが保管しておいていただけますか?帰省したおりに戴きに伺いますね。
| マッキー | 2010/10/28 9:04 PM |

ゆうこ様
本当にスゴイ生命力です。
駄目かと思っていたところに、新緑が出て「生きているんだ!」と感激していたら、沢山の実が付いて・・・。

最も、大自然はそんなに薄っぺらではありませんよね。
大したものです。

マッキ-様
今回もご覧頂きまして、ありがとうございました。
種は実を食べて、干してあります。芽を出してくれることを祈る心境です。

西行の歌、「何事のおはしますをば知らねども かたじけなさに涙こぼるる」素晴らしい短歌ですね。

「虫が食い枯れそこないし森の木々 生きて葉を出し実を付けており」
「ヤマナシの白き花咲きこの春も 枯れずに命萌え輝きて」
西行の歌の後に恐縮です。(拙歌にて失礼。)
1〜2句詠みたくなりました。

ご縁をありがとうございます。
| ガンコ親父 | 2010/10/28 10:09 PM |










全ての訪問者:
本日の訪問者:
昨日の訪問者:


▲このページの上部へ