☆やまちブログ☆(志ろがねの牧だよ!)

ちっちゃな出来事・ビックリ・喜び・
悲しみ・感動…etc
沢山『足跡』残していこう!!

<< 研修生たちの感想 | main | 牛達も二学期だ >>
ゆう様にお応えして 「若者たちへ」
ゆう様のコメントにお応え致してみたいと思います。
いつも本当にありがとうございます。


研修は一日ではなくて、実は半日でした。月・水・金は牛乳の製造日ですので、午前中は色々でつぶれます。自由になる時間は午後の半日しかないのです。

ですから、火曜日は配達で公太郎と恭次の二人ともいませんので、草刈りも月・火・水・金抜きか、午後からの作業で計画しなければなりません。

一週間の内、自分たちに向けられる時間は、木・土・日だけです。ですからなかなか乾草は取りにくいのです。3日目の収納になるものですから・・。
ここまでは家の事情でした。


来訪された学生さんに限らず、若者たち全員が、世間や世界を知らないだけのことですから、色々な人間に会って、自分の世界観、人生観、社会観などを磨いて欲しいと思います。本当はそこから本当に自分の「自分らしさが」発揮されるのだと思います。

丁度ダイヤモンドの原石を見て、輝きの素晴らしさを想見できるかどうかは、原石を磨いたことがない人間には分からないと思います。

自分と云う「原石」に一番期待し、ワクワクしながらしっかり磨きあげて欲しいと願うのみです。それが大人の夢に向かう姿だと思います。

人間に「上下」や「貴賎」の差があるのではなくて、人の生き方に差があるのだと思います。そこを何とか理解して欲しいと願わずにいられないのです。

小生のアホさ加減に、呆れていらっしゃるのではありませんか?
山地酪農の可能性も大きいと思っていますが、
もっともっと若者たちの育てていない可能性が
無為に育てられることがないのが残念でなりません。

学生になったら「教わること」を人に期待するのではなくて、
自分から「学ぶ」ことに重点を置いて欲しいと思います。

そこにこそ「大学」の意味があるのですから・・。
受動から能動で、人生を開拓できる意識と情熱を身につければ、
もう放っておいても良いと思います。
そこにこそあなたの「あなたらしい・・」人生が待っていると思うからです。

自分の命と、自分に与えられた時間に、自分が期待しないでどうするのですか。世界はそんなに穏やかな時代ではないのです。自分の立場で考え、出来ることがきっとあります。

この豊かな日本で生まれ育ち、大学まで行って、人間として益々豊かになって、世の中にどう貢献するのか。最終場面でうやむやになっていると思いませんか。これは実はあなたの人間力が問題で、大学に行こうが行くまいが、
そうした人間力が培われにくい時代であることは間違いないと思います。

シッカリ頑張って欲しいと願っています。


| 頑固オヤジ | 頑固バカ親父 | 07:26 | comments(4) | - |
こんばんは
半日だったんですか♪

このお話がきけてよかったです。
まだまだ、勉強しなくてはならない自分に気づきましたし。
山地酪農を知り、吉塚さんと巡り会えたことに感謝します。
牛乳つくりも見学してみたいですね〜

早く、牛さんたちに会いに行きたいです ^_^

木、土、日曜日なら、作業の手を休めずに行けそうですね o(^-^)o

| ゆう | 2010/08/17 11:45 PM |

ゆう様
イヤー、大した話ではありません。
お恥ずかしい限りです。

月・水・金の午前中以外でしたら、まず大丈夫でしょう。
ただ、急に草刈りが入ったり、と云うような作業次第の所はありますが、そこはご勘弁くださいね。

ガンコ親父拝

| 頑固オヤジ | 2010/08/18 9:42 AM |

暑い日々に劣らない頑固オヤジの熱さ!感じます。

親御さん次第で、お子さんの困難も多々回避され、効率的
な選択が可能ですから、若者自身がいつ世間や世界を知る
必要を感じるか?ですかね。

今や大学は義務教育の終着駅かもしれません。
十代後半、心身に最も貴重な時期にごく限られたテーマに
しか直面せず、成人に至る道のりが平坦な若者が多いの
ではないしょうか?。

親離れしない子、子離れしない親、親も大人になりきって
いないご時世、核家族化の弊害を感じております。


| heidi | 2010/08/19 3:43 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/08/19 12:00 PM |










全ての訪問者:
本日の訪問者:
昨日の訪問者:


▲このページの上部へ