☆やまちブログ☆(志ろがねの牧だよ!)

ちっちゃな出来事・ビックリ・喜び・
悲しみ・感動…etc
沢山『足跡』残していこう!!

くがねの牧(まき)通信3月号  続き
「何からどう書けばいいのか、分りません。」 熊谷宗矩(むねのり)

 まさか生きているうちにこのような事態に遭遇するとは思ってもいませんでした。気持ちはまったく整理できていません。普段以上に駄文になると思います。どうかご容赦下さい。

 3月11日午後に発生した東日本大震災、大津波の影響で牛乳の配達もストップしておりましたが、約2週間ぶりに再開できる運びとなりました。電話も携帯電話も繋がらなかったため、多くの皆様にご心配をお掛けしましたが、くがねの牧、志ろがねの牧、共に人も牛達も皆元気にしております。多くのご心配の電話やメールを頂きまして、本当に有難うございました。あらためて多くの皆様の温かい支えに感謝しているところです。またこの度の災害では多くの尊い人命や財産が一瞬にして奪われました。被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

 私も震災後の翌日から、同じ田野畑村内の羅賀地区に消防団員のひとりとして捜索活動に参加しておりました。そこにあるはずのリアス式海岸の美しい町並みは見る影も無く、辺り一面は瓦礫の山となっています。4年前に亡くなった祖父は昭和8年の三陸大津波で肉親を5名も失った経験があり、生前私達孫にもその津波の恐ろしさを時折語ってくれていましたが、まさかその光景を目の当たりにしようとは思いませんでした。消防団での捜索活動は約10日間におよびましたが、毎日その消え去った集落の前に立つ度に、まるで夢の中に迷い込んだ心境になり、何が現実で何が夢なのかさえ分らない、そんな心境となるほどです。私たちの結婚式を挙げたホテルもよく泊まり歩いた友人の家々も、廃墟と化し、または消え去っているのですから。

 私は地震発生後、防災無線の大津波警報を受けてすぐ、消防自動車に飛び乗り、国道45号線で交通規制をかけていました。が、間もなく無線に飛び込んできた津波襲来の報告に言葉を失いました。「○○地区ですが、津波が児童館まで到達。」「○○地区、多くの自動車が押し流されています。」「聞き取れませんので、もう少しマイクをはなして落ち着いてお願いします。」「○○まで○○まで浸水しています。」など、その無線は途切れる事を知りません。海側の普代方面に向かう車を止めながら、混乱したその内容にこれはただ事ではないと背筋が凍りました。

 そして翌日、海側の集落での捜索活動に合流すると、信じられない光景が広がっていました。あまりの津波の後の凄まじさに、皆言葉を失いました。そして時折津波警報のサイレンが響く中、瓦礫の下などを覗きこみ、生存者がいないか探すのですが、始めのうちは海に近付けば近付くほど身震いがし、余震によって引き起こされた津波で今度は我々が持っていかれないかと、恐怖が全身を覆うのでした。今回の津波では田野畑村内でも多くの方が命を落とし、今現在も行方不明の方もまた多くおります。その中には友人や近所の高校生、同じ半てんを着ていた消防団員の仲間もおります。捜索中に我々が発見した車の中には偶然にも中学時代机を並べた同級生が眠っていました。地元の方には「よく見つけてくれた、有難う。」と涙ながらに労いの言葉をかけて頂きましたが、防風林に無残にも押し潰された車を目にしながら、悔しくてなりませんでした。残されたご家族の気持ちを思うと言葉も見つかりません。

 連日、我々消防団は朝早い時間から捜索活動を行っていた訳ですが、その中には海側の消防団員ももちろんおります。当然家族や親族を失った人もあれば家を流された人も多く、避難所で寝泊まりし、昼間は消防団員のひとりとして、家族や仲間の捜索、貴重品などを探す毎日です。雪が降るような寒い日もあり、普通に自宅へ戻り寝起きしている我々でも厳しい環境なのですから、被災者の彼らはもっともっと大変だったと思います。しかし、彼らは逆に我々山側の分団員に対しても「毎日すまない。ありがとう。」と、優しい気遣いをいつも忘れません。多くの困難に直面しているにもかかわらず、肉体的にも精神的にも厳しい状況にあるにもかかわらず、努めて明るく気丈に振る舞う彼らの姿に、逆にこちらが励まされているようです。

 そして、不眠不休で避難所にいる方をお世話する役場関係の皆さんや多くのボランティアスタッフの皆さん。この中にも同じ境遇の被災者の方も多くおりますが、自分の事は後回しで皆さんを誠心誠意お世話している姿を見て、大きな感銘を受けました。その皆さんの姿に接し、強く、強く思うのです。復興という言葉も気軽に吐ける状態では決してありません。しかし、「希望を決して諦めない。」と。
災害後、日本全国からお見舞いや救援物資が連日届いております。また様々な団体などで義援金も受け付けられ、多くの方が募金されています。各家庭での節電もそうです。全国の皆様の善意に心より感謝申し上げます。
| 頑固オヤジ | 熊谷農場から | 16:35 | comments(3) | - |
くがねの牧(まき)通信3月号
(大変遅ればせになりましたが、3月号をアップ致します。)

「お見舞い」     熊谷隆幸

 謹んで大震災のお見舞いを申し上げます。 村内海岸部は壊滅状態です。民家はもとより漁協の事務所や地区の集合施設から、三陸鉄道のモダンな駅舎、線路は高架線もろとも影も形もありません。人命や家屋を守るはずの防波堤は無残に倒れ、漁港に所せましと繋がれていた漁船は住居の残骸と共にあちらこちらに転がり、元の町並みを全く想像できない瓦礫と化しました。「この世の地獄を見る」とはこの事です。

 村内で148戸が全壊、死者、不明者合わせて40名。避難者503名。年末年始2回にわたる低気圧では沿岸部に10mを超す高波が押し寄せ、定置網や養殖施設に5億円近い甚大な被害をもたらしました。漁民の皆が大変なショックを受け、廃業も考える人も出ました。それでもなんとか復旧に向け皆で頑張ろうと言っていた矢先の今回の津波。そして、この中には親、兄弟、夫や妻子を失った方々、また自ら被災した役場職員等も気丈に、不眠不休で避難者の世話をする姿に掛ける言葉もありません。

 このような状況ですから、18日ぶりで山地酪農牛乳の生産が再開出来る事はただただ感謝するばかりです。地震直後の停電で搾乳もままならない3日間、やっと電気が復旧と思ったら、燃料、道路網寸断で集乳車が動かず、12日間牛乳を棄てる事になりました。でも津波被害地の惨状を見れば何のことはありません。飼料が来なくて鶏数千羽を餓死させた養鶏業者もおられます。

 牛乳のお客様の中にも多くの被災者がおられます。私達が何か出来る事はと思っていますが、まずは牛乳生産をしっかりして、山地酪農牛乳を立て直す事と考えております。今後共、ご指導のほど宜しくお願い致します。

| 頑固オヤジ | 熊谷農場から | 16:28 | comments(0) | - |
全ての訪問者:
本日の訪問者:
昨日の訪問者:


▲このページの上部へ