☆やまちブログ☆(志ろがねの牧だよ!)

ちっちゃな出来事・ビックリ・喜び・
悲しみ・感動…etc
沢山『足跡』残していこう!!

第18回牧山交流会のお知らせ

JUGEMテーマ:日記・一般



日時:2017年9月17日(第3日曜日)10:00〜15:00
場所:くがねの牧(熊谷農場) 〒028-8401田野畑村長根54
会費:前予約の方 フリードリンク制2500円(飲酒される方 3500円)
○小学生以下は無料 ※当日参加の方 上記の価格に+500円になります。

 交流会へのご予約は下記の山地酪農牛乳(株)までご連絡をお願い致します。
申込期限は9月10日㊐です。楽しみにしております。
Tel:0194-34-2725 Fax:0194-34-2355 info@yamachi.jp

お食事メニュー(※予定)
○焼き肉プレート      
○豆腐味噌田楽など(地域の方々特製です!)
○具だくさんの汁物    
○おむすび 
○地域の新鮮な野菜を使ったサラダ  
☆交流会限定 山地のフレッシュチーズ
☆交流会限定 山地酪農牛乳を使ったデザート♡(特製ジェラートなど?)     
…などなど一例ですが、食べ応えがある内容にしたいと思います!

参加できるお時間が短いお客様にも、お召し上がり頂けるよう準備致しますので、
参加をご検討の方に関しましては、なるべく前予約をして頂けますようお願い致します。

3年ぶりに牧山交流会を実施することとなりました。牧山交流会の目的である、
「お客様と生産者の直接的な交流の場」として、楽しんでいただける内容が
盛りだくさんとなっております。今回は山地商品をはじめ、田野畑の製品を
中心にお土産用販売品を準備しまして、一部を災害被災地支援の義援金として
寄付したいと考えております。

また、例年同様、地元の郷土芸能である甲地(かっち)鹿踊保存会様の
演目や、面白い参加型イベントを実施予定です。

本年の特別出演としてお客様の紹介にて実現しました、馬頭琴(センジャーさん)の
演奏会も実施します。ぜひ、現地交流会でいつもと違った山地の味わいを楽しんでください。
皆様にお会いできることを楽しみにお待ちしております!

※ご宿泊を予定されているお客様は、お手数ですがお客様ご自身で、
ご予約をお願い致します。問い合わせをした所、地元のホテル羅賀荘、
岩泉のホテル愛山も空室が少なくなってきているとの事でしたので、お早めにご連絡ください。
(尚、民宿:白花シャクナゲ荘0194-33-2085:北山崎)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2017年7月の田野畑山地酪農牛乳(株)取扱商品一覧(全て税込)
やまちプレーンヨーグルト300g(低脂肪も)335円 
 同じく 450g 480円(低脂肪はありません。)

【海藻類】
 ̄蔵ワカメ冷蔵 250g/1,000円(島越女性部)
➁乾燥天然まつも大2枚入1,500円(北山崎:松乃家自家産)
  そのままもんでご飯にフリカケで旨いので、是非お試し頂きたいものです。
4チ臈形海佞里蝓10g/300円(羅賀女性部産)
ごチ腓世刑布 (約80g)480円(残り少)
後は売り切れました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
| 頑固オヤジ | 田野畑山地酪農牛乳 | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
第18回牧山交流会は中止になりました。
9月4日の日曜日に予定しておりました牧山交流会は
台風被害と道路の寸断などで、皆様も来られるかどうかわからないような状態ですし、
何よりスタッフがどうにもならなくなってしまい、大変済みませんが、

交流会を中止とさせて頂きます。

ホテルの予約やご予定を立てられていた方々には大変申し訳ありませんでした。

自然災害ですので、どうぞお許しくださいませ。  草々。 吉塚公雄拝
| 頑固オヤジ | 田野畑山地酪農牛乳 | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
「乳製品加工工場のネーム募集のお知らせ!!」
いよいよ、山地酪農牛乳蠡塰召瞭製品加工工場が誕生します!
そこで!!日頃からお世話になっている皆様から、長年愛されるように“工場の名前を大・大・大募集!!”したいと思います♪
名前が採用された方には、山地酪農牛乳蠅ら素敵なギフトセットをお贈りさせて頂きますので、皆様ふるってご応募くださいませ♪♪
《応募方法》 山地酪農蠅離瓠璽info@yamachi.jp宛てにご応募ください。お名前ご住所電話番号のご記入を忘れないで下さい。
(名前のご説明も)  ※締め切り:8月31日まで 


 (7月下旬竣工予定 販売開始は9月中旬ごろの予定)

皆様お元気ですか?7月も中旬になりました。思うようになかなか行かないのが常ですが、
苦しみながらも頑張って経営して来たこの会社。今までは資金が借りたくても、
「無理ですね」と断られていましたが、ここに来て公庫を始め、金融様から
「如何ですか?」と来るようになりました。

決算業務は村の商工会様にやって頂いておりますが、また大変頼りにしておりますが、
加工場を相談した所、今の支出を余り余計にしなくても、工場の資金が返せるのでは
ないかと言う試算により、いよいよ夢であった加工場の建設に一歩踏み出したところです。

建設資材が高騰しており、そこを見れば何年か先のようにも思いますが、
利息が格安の為に、思い切った次第です。
補助事業ではありませんが、間接的補助事業になりますね。

この工場の名前の大募集です。「‥工房」はありふれています。
山地酪農牛乳らしい素敵な名前が欲しいのです。やがてここからかけがえのない
ヨーグルト・バター・チーズなどが生み出される予定です。

放牧による草だけの牛乳が奇跡的であるように、これらの加工品も奇跡的な製品であります。
これらがいつ頃から売り出されるのかはまだ分かりませんが、是非皆さんの応援を宜しく
お願い致します。
震災復興で忙しい建築業者さんや電気屋さん、時間のやりくりに感謝しつつ。 草々。
| 頑固オヤジ | 田野畑山地酪農牛乳 | 14:14 | comments(2) | trackbacks(0) |
今まで、長期休養でしたが、ブログを復活したいと思います。
皆様、ご無沙汰しておりました。
どうしても手が不足して、どうにもなりませんでした。

今年分の作業の再開と、同時にブログも復活したいと思います。
(でも、まだ毎日のようにはできないかも・・・?)



今年の一番刈りは、いつもより早く始められました。
「よーし、よい草を採れるぞ!」と張り切っていましたが、
雄志(四男:21才)が集草して、公太郎が始めた途端に、丸く丸めてくれる機械
(ロールベーラーといいます)が、2個目で故障。
こりゃ大ごとになったと、電話して来ました。
(上の写真がその2個目)これでは天気が良くてもどうにもなりません。

土曜日の午後です。
知り合いの酪農家からどうすればよいかご指導頂き、
もしもダメな時は、代わりのベーラーをお借りすることになりました。

今朝自動車の修理工場に持ち込んで、見てもらうことになっていますが、
その後どうなったことやら?

明日までは天気が大丈夫でも、明後日は雨の予報ですから何とかしなくては。
折角良い草が採れそうなのに・・・!仕方がないですね。
今までの経験から、機械代を何とかやっと済ましたころには、
故障が出るものです。

持つべきは友。親身になって相談に乗ってくれる方がいることの
有り難さをひしひしと感じます。


一方で、牛たちは「そんなことは関係ありません。」
云うように日陰でゆったりと休んでいます。(笑)


今からは晴れれば、牛たちは食うどころではなく、日陰で休む場面が増えます。
この時期は仕方がありませんから、朝の牛舎の時に、牛舎の中で
十分に草を食べさせるしかないでしょう。
アブがそれほどでもありませんから、まだ良いのですが、
アブが出ればお手上げです。

ベーラーの回復を願って!

どうぞ今後とも宜しく願い致します。草々。
| 頑固オヤジ | 田野畑山地酪農牛乳 | 11:22 | comments(4) | trackbacks(0) |
間に合わせないその後の情報9/4〜9/15まで
9月4日㊎
随分前のような気がします。
FM岩手さんの取材がありました。



まず、牧山を見て頂き、感じて頂きました。



家に帰ってから、牛乳を飲んで頂き、
ヨーグルトなどを召し上がって頂き、お話をさせて頂きました。

いつも感じますが、ここの農場は人を引き付ける何かがありますね。
お喜び頂けて幸せを感じます。
黒沢様、阿部様、大変ありがとうございました。


9月5日㊏
埼玉県深谷市のお客様御一行が来られました。
交流会が中止になり、隆幸さんにお線香を上げるために来て下さいました。


好天の中、熊谷農場”くがねの牧”の視察もしました。


ついでに志ろがねの牧の視察もしました。


北山崎の水平線もそうですが、くがねの牧も志ろがねの牧も広―い視野に家が一軒も見えない
と云う現実。これは40年前から変わっていません。山々の光景と、流れる川と森のたたずまい。

全く変わらぬ安心を、与えてくれているのです。
自然に感謝の気持ちが湧いてきます。
そして、ここで40年間牛が変わらぬ生産をしてくれている現実。
感謝感謝感謝です。

牧山視察の時、たまたま隆幸さんの盛岡時代の同級生の田村さんご夫妻が、
聞き及んで線香を手向けに来て下さいました。御一緒に牧山を視察しました。感謝!

この牧山に隆幸さんがいないことが信じられませんが、
四十数年間のご縁は、本当にお蔭さまのご縁でした。


9月14日㊊
今年春に契約ができた旧桑園の放牧が、やっとできるようになりました。
こちらは一切手助けできずに、やっとこぎつけた放牧開始に、何とも嬉しい限りです。

草が足りなくなってきていただけに、大変助かります。
そしてただ無駄になる草や木の葉が有効活用されるのですから、
実に良いことです。



何年ぶりかで、旧桑園に乳牛が入りました。
開拓し直しですが、今度は草地化は早いはずです。
二ホンシバが隠れてはいますが、確実に下には入っています。
日が当たれば直ぐにシバ型草地になるはずです。


9月15日㊋
これもご縁で東洋大学の学生さんたちが研修に来訪。
研修と云っても、数時間での期限付きです。
でないと受けられないと申してあります。
今年の状況から、研修生は受けられなくなっております。



青木先生のたっての願いで、お受けしました。
良い子たちで、思うように関われないことを、申し訳なく思います。
先生、ご勘弁ください。どうしても上っ面になってしまいました。

夕飯を食べながらのお話で、ちょっと来て良かったと思って頂ければ幸いです。
| 頑固オヤジ | 田野畑山地酪農牛乳 | 11:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
溜まった情報
9月9日(水)
役場にて、たまたま産業課にお邪魔したら、伊藤勝康シェフが
産業祭の打ち合わせをしておられました。

何も考えずにミーハーで、「写真撮らせて下さい!」って、強引にカメラを向けました。



そうしたらアシスタントの方に支持されて、写真を一緒に撮って下さいました。
感謝ですが、後から、何て失礼なことをしたかと、反省しております。^_^;

伊藤さん・課長さんたち、大変済みませんでした。
でも良い写真が頂けました。

でもさすがですね。いやな顔をなさらないでこの笑顔。
本当に申し訳ありませんでした。

チョットさかのぼりますが、
9月7日(月)
本格的な手作りバターを試作してみました。



雄志が買っておいた遠心分離機で、シッカリ脂肪分を分離し、
冷やしておいたものを、ミキサーで撹拌して作ったバターです。

無塩バターは、実に美味しいです。
色が真黄色なのは、勿論着色料など一切なし。
これは草のカロチンが牛乳に出たものです。

 

自然なものって、違和感が何もないのですね。
スンナリ抵抗なく口で納得できて、後もスッキリでした。

後でバーさんがイカの耳をバターで炒めたので、「勿体ないと怒りました。」(笑)

これが本格的にできるなら、また可能性が広がります。
可能性が見えるだけで、本当に嬉しいものです。
| 頑固オヤジ | 田野畑山地酪農牛乳 | 11:47 | comments(1) | trackbacks(0) |
溜まっている情報
8月22日(土)
八戸プラザホテル様のご厚意に甘えさせて頂き、
牛乳販売に行って来ました。ウン百本売らせて頂きました。



中川原社長様(右)初め、須田シェフ様たち関係各位に心よりお礼申し上げたいです。

「郷土料理を楽しむ会」ですが、これは大変素晴らしい企画です。

田野畑村でも是非やって頂きたいものです。
自慢の郷土料理が沢山あります。
5千円〜7千円会費で、飲み放題・食べ放題は魅力です。



時間制限ですが、結構人気ですね。素晴らしいものでした。
お世話様になる一方で、感謝しかできず申し訳ない限りです。


23日(日)
早稲田大学の加藤先生たち来訪。



大地に根差すこと、
地域の力になりたいこと、
徹底した環境活用型農業としての畜産の在り方とは・・・。

ナンチャッテ。
class="pict" />

悪天の中でしたが、晴れ間を縫って、道路が悪いため、トラクターで牧山視察。
今は♂の種牛が危なくなって来ているため、歩き廻れないのですが、
観れば感じます。


8月27日(木)
今年、体験学習に来られた、松戸市立六実中学校の榎本先生ほか、
その教え子たち、来訪。



今年は体験学習が受けられずに、受けておりませんでしたが、
牛乳のお客様他、特別なご縁からお尋ね頂くことになりました。

榎本先生と意気投合しました。

教え子さんたちも師弟関係が素晴らしい方々で、
きっと一生の師弟関係なのだろうと拝察しました。

子どもたちにとって、先生との出会いは大変大きなことであり、
私も恩師との出会いで人生が大きく変わった一人でした。(笑)



お土産に頂いた額に入った色紙。
「希望があれば瞳は輝く 希望は自らつくるもの いま君の瞳は輝いているか」
と書いてありました。

榎本先生のタイでの活動の恩師の言葉だそうです。
人を健全に刺激できる方の言葉は、とっても説得力がありますね。
素晴らしいです。



牧山視察の時の写真。
悪天の晴れ間、トラクターで案内しました。

ここの風景に、「タイに似ている」と、とっても喜んで下さいました。
私も自慢の牧山をご案内出来て幸せです。

そして榎本先生には、ずーっと子供たちに刺激的な先生でいて欲しいです。

| 頑固オヤジ | 田野畑山地酪農牛乳 | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
東京農大生たちが来訪。
8月11日
有芸の高橋真二郎君のところに研修に来ている、東京農大学生さんたち。
真二郎君に案内されて、視察に来訪されました。


早稲田大学とのご縁が殆どになっていますが、実は私の後輩たち。
一番右は私で隣が真二郎君。
畜産学科を生物資源科学部と云ったり、おかしな方向に行く事が気になって仕方がありませんが、
農学の学び舎であり、当時は経堂から、農大通りを通って通ったものでした。中央総武線で、新宿まで行き、
小田急線で経堂まで。大学まで市川の自宅から1時間半をほとんど毎日通ったものでした。
その間の読書が大切な時間でした。


今度は反対から(下から上に向かて)撮ったもの。
後ろ左から三番目の紳士は、岩泉大川の佐藤幸ちゃんのお子さんで、健(たける)君。
お父さんそっくりで、すぐに分かりました。

じゃあ、幸ちゃんも若かりし頃は、あんなに可愛い顔だったのですね?(笑)
幸ちゃんごめん!

その後色々お話しをしながら、牛乳を試飲。


お喜び頂きました。
「農大生よ!奮起せよ。大地に根差した畜産を実現することに燃えよ!」
ナンチャッテ。

お互いにできることをできるくらいずつ頑張るしかありませんね。
みな元気で頑張れ!
| 頑固オヤジ | 田野畑山地酪農牛乳 | 12:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
今月初めに、早稲田商店会の会長さんと事務局長さん来訪
8月7日、
早稲田大学の早田先生が、早稲田の商店会が田野畑村の応援活動として色々考えて下さっていることを、教えて下さいました。そして、商店会上げて応援して行きたい由。会長さんの北上昌夫氏と事務局長さんの滝吉さんと、農場視察に来て下さいました。


右が早田先生、中央が北上さん、右が滝吉さん

牧山ではお喜び頂けました。



夕方で、搾乳に帰る牛たちの様子を観て、これまたお喜び頂きました。

自然の活用法として、山地酪農は最高の形であろうと思います。
何故最高と云えるのか。

1、傾斜山地の活用法としては、今までは林業として、用材やチップ材の生産。
  又はわさびや山菜・キノコの生産くらいしか活用ができませんでしたが、猶原式の放牧酪農を行うことで
  高級食料が創造的に生産できるという事なのです。
2、しかも地形を変えることなく、そのままでの活用は、画期的な活用方法です。表土が生きる。土壌が生きる。
  活用法。本当に素晴らしいと思います。
3、日光浴とか運動程度の放牧ではなく、生産活動を群れで牛自身にしてもらう営農方法は、日本の放牧概念を根底  から覆すことになります。しかもこの急傾斜地の活用です。

書けばいくらでも出て来ますが、山地酪農を講演しているのではありませんから
この辺でやめます。(笑)

興味のある方はいつでもご質問をお受けします。
info@yamachi.jpまでどうぞ。☎0194-34-2725です。
| 頑固オヤジ | 田野畑山地酪農牛乳 | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
「無情な天気」  (お便りから)
  前略、草がシッカリ成長するのを待てずに始めた
草刈りでしたが、本日3日連続の晴れの予報に
大きな草地を昨日に引き続き刈りました。



今日刈って刈り終え、乾草にするため反転もして
公太郎が帰ってくるときに、急な天候の異変が起こりました。
それが嫌でラジオやテレビ、ネットでも天気予報を確認して、
刈り終わったのでした。しかし天の無常です、
急に天候が変わり、携帯でも田野畑村だけの異変で、
100 mlの雨が降ると知らせが入ったのでした。

でも田野畑村と言っても広いから刈ったところは大丈夫かも???
と希望的観測を強めました。先に来たのは激しい雷。
来客が驚いて椅子から跳ね上がるほどでした。
私自身も本当にびっくりしました。

そう言っているうちに、激しい雨がたたき付けて来ました。
そしてちょっとやんで今度は大粒のヒョウが激しい雨と共に降って来ました。
もう、絶望感を味わうしかありません。

乾草になりかけた草を濡らすくらい辛いことはありません。
でも腐ったわけではないのだから・・・。とか自分に言い聞かせていました。
明日晴れても取り返しはできません。皆でガッカリしました。
四男の雄志が得意のスマホで天気予報を見て、
この3日間は大丈夫と太鼓判を押していましたので、責任を感じて悔しがっています。

 こういう残念な気持ちの共有も別の意味では良いことで、
そういう中でやっと採れた良い乾草の感動はこれまた素晴らしい
ものですから、それを夢見て頑張りたいものですね。(笑)

悲しいかな、全部雨にあてました。天気予報にだまされた感じですが、
天気予報が悪いのではありません。草刈りがすでに終わった人は、
良い湿りだと喜んでおられます。
今度は腐らせないで収納出来ますようにと祈るばかりです。


こういう良い乾草を取るつもりでした。

良い天気の中、草刈が終わりになる時です。
災難がこようとは、全く思いもしませんでした。(笑)


| 頑固オヤジ | 田野畑山地酪農牛乳 | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
全ての訪問者:
本日の訪問者:
昨日の訪問者:


▲このページの上部へ